事業承継をM&Aでなく結婚で解決します

経営者の婚活

  • HOME »
  • 経営者の婚活

経営者の結婚

会社を背負う、社員の家族の生活を担う経営者にとり、彼を支える伴侶選びは、好きになればだれでもいいというわけにいきません。

経営者の結婚の一般の婚活と比べたときの難しさをまとめてみました。

 

経営者の妻にはだれでもなれるというわけではない

会社の規模が大きくなればなるほど 社外の交際や家庭の中での親世代との付き合いも、オーナー家であるからこそ、妻になる人には、経営者の妻たる資質が求められてきます。

 

経営者の妻には

1.夫である社長を家庭においても 立て、尽くす能動的な姿勢が本人にないと務まりません。

経営者と結婚すると経済的に裕福だという誤った依存のある女性を選ぶと家庭だけでなく社運に響きます。

2 尽くしたい、夫と会社を発展させたいと思うだけでなく、いい時も悪い時もたくましく乗り切る

踏ん張りのきく 女性でないといけません。

3.実務を学び、社長ができない分野を手伝い、日ごろのおつきあいを集客につなげる社交性と信頼性が問われます。

会社によりますが 金庫番の役を担う経営者の妻のありますし、経理や資産形成、税法などに関しても 日ごろから関心を持てる人が

よいでしょう。

4.後継者を生み育てる健康と、教育力も大事です。

 

以上の点から、美しく相性の良い女性であれば、誰でもというわけにはいかないのが、経営者の結婚です。

 

経営者の婚活難しさ

経営者の妻の資質の問題のほかに、そもそも いろいろな方から いい方を紹介されるものの、取引先であったり、医院の場合だと医局の人間関係などが絡むと

自分の気落ちで断りづらくなって面倒だというお声があります。

出会いも紹介もあるのだが・・一生結婚できないかもしれません・・

ある若手経営者は、こんな風につぶやいていました。

 

出会いのアプリに登録したら 毎日若くてかわいい女性から 誘いのメールが入るようになった。

食事を共にする人なら 1日に3回くらい 相手は変えられる。しかし、内容のある出会いにはならず、相手も収入にひかれて依存したくてきているだけで

とても一緒に人生を戦い抜いていく相手とは思えません。

 

たくさんオファーがきてモテすぎて むしろ婚活に絶望するようになりました。

 

あなたには あなたにふさわしい人がいて ふさわしい場所で活動をしないと いけないのです、と申し上げました。

 

まとめ 経営者の結婚はどうしたらいいのか

経営者のおうちのように、個人の相性だけでなく、結婚と家業の未来が切り離せない人選をしなければならない場合、一般的な結婚情報サービスも出会いのアプリも、十分とは言えないかもしれません。

むしろ最初から 家柄もわかり、家族の環境や相手先の家業の業態も暮らしもわかったうえで、お見合いという場で お会いしていく、身上書を交換するスタイルの昔からのお見合いも、経営者の婚活の場合には、有効なケースがあります。

 

だいじなことは、信頼できる筋に身上書や写真を預けてお願いしておくことに加え、今の婚活の状況が どんな風な傾向にあるのか、親世代も積極的に情報をとりいえ、どうしたらよい人に選ばれるのかを男性も女性も 求めていくことにつきるのでしょう。

 

今では、ごく少数の知る人ぞ知る 身上書交換のお見合いのスタイルですが、家族や事業の背景、婚活中のご本人だけでなくご一家の方針をしっかり把握したうえでの人と人のつながりのなかでのお相手探しは、このネット時代のなかで むしろ価値のある方法として 大事に残されるべきものかもしれません。

 

創業66年の会計事務所がお客様のとの3代のお付き合いから

ご縁つなぎをしております。

医院・オーナー経営者のご縁つなぎ しあわせ相談倶楽部はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちら TEL 03-3812-0718 10:00~19:00

PAGETOP
Copyright © 事業承継婚活 しあわせ相談倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.